でんきの節約術

【北海道電力】の電気料金プランと特徴・評判とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道電力は名前の通り北海道エリアを拠点にしている電力会社です。 今回は、 ・北海道電力の特徴 ・料金プランやキャンペーンについて ・北海道電力にまつわるQ&A についてお伝えしていきたいと思います。

北海道電力とは

冒頭でも触れましたが、北海道電力は大手電力会社として札幌市に本社を置いています。
通称として北電(ほくでん)、あるいはHEPCO(ヘプコ)が用いられています。

供給エリアは北海道の他に、2020年3月から以下の首都圏周辺も含まれるようになりました。

・栃木県 ・群馬県 ・茨城県 ・埼玉県 ・東京都 ・千葉県 ・神奈川県 ・山梨県 ・静岡県

後程詳しくご紹介いたしますが北海道電力では独自のキャンペーンがあったり、お得なプランが充実しているという特徴があります。

料金プラン一覧

【北海道ベーシックプラン】[1] 

北海道電力ベーシックプランB/Cは、東京電力の従量電灯B/Cに当てはまります。

現在、20A~60A(従量電灯B)を契約している方は北海道ベーシックプランBを、6kVA以上(重量電灯C)の方はベーシックプランCをご覧ください。

プランや契約内容によって詳細は異なりますが、東京電力の従量電灯B/Cと比較して電力使用量に関係なくお得に電気が使えます。

たとえば、 30Aで契約していて毎月333kWh使っている場合は

・東京電力の従量電灯B:108,200円/年

・北海道ベーシックプランB:104,300円/年

と年間で3,900円費用が抑えられます。

・北海道ベーシックプランB

東京電力における、従量電灯B(20A~60A)に相当するプランです。

基本料金は、以下のようにアンペアに応じて変化します。

20A572.00円/契約ごと
30A858.00円/契約ごと
40A1,144.00円/契約ごと
50A1,430.00円/契約ごと
60A1,716.00円/契約ごと

電気料金の単価は、使用量ごとに変化します。

~120kWh19.82円/1kWh
120kWh~300kWh25.28円/1kWh
300kWh~27.48円/1kWh

・北海道ベーシックプランC

こちらは、東京電力の従量電灯Cプランに該当します。

基本料金は1kVAあたり286.00円と定められており、ベーシックプランBと同様に料金の単価は使用量に応じて変化します。

~120kWh:19.82円/1kWh

120kWh~300kWh:25.28円/1kWh

300kWh~:27.48円/1kWh

【ANAマイルプラン】

ANAマイルプランは、ANAカード会員限定で毎月の使用量に応じてマイルがためられます。

現在従量電灯Bを利用している人向けのプランとなっています。

支払いはANAカードのみで、電気料金200円ごとに1マイルが付与されます。

・基本料金

30A:858.00円/契約ごと

40A:1,144.00円/契約ごと

50A:1,430.00円/契約ごと

60A:1,716.00円/契約ごと

・電力単価

~120kWh:19.85円/1kWh

120kWh~300kWh:26.18円/1kWh

300kWh~:29.57円/1kWh

【北海道パワープラン】

現在低圧電力を利用している、あるいは事業で大型の冷蔵庫・空調などを使っている方に向けたプランで東京電力の「低圧電力」プランを契約している方に向いています。

北海道パワープランの特徴として、電力消費が増える夏季(7月~9月まで)の時期でも電気料金は変わりませんのでトータルで割安に利用できます。

・基本料金:1,065.90円/1kW

・電力単価:15.80円/1kWh


口コミ、評判

北海道電力を利用している方の口コミや評判をご紹介していきます。

やはり、マイルを貯められるのが魅力的に感じる方が多いようです。

気候や不測のトラブルが起きた時の対応力を評価するユーザーの声も見られました。

しかし、北海道電力=地方大手電力会社というイメージの強さから、北海道以外のエリアでも利用できることを知らない方も少なくないようです。

キャンペーン情報

2021年1月現在、北海道電力では「コロナに負けるなキャンペーン」として10か月間基本料金が20%安くなるキャンペーンが実施されています。

このキャンペーンの対象となるのは、現在東京電力で従量電灯BまたはCを利用している方です。

東京電力から北海道電力に乗り換えることで、業界でも最長クラスの10か月間の割引が適用され、さらに電気料金がお得になります。

よくある質問

北海道電力への乗り換えの際によくある質問をQ&A形式でご紹介します。

Q1.今のアンペア数を変えられる?

A.「ほくでん契約センター」へお電話していただければ、ほとんどの場合無料で変えられます。

(設備によっては一部有料工事が必要となることも)

Q2.引越しを機に北電に乗り換えたい

お引越しの際の電力乗り換えは、以下の3つの窓口から申し込めます。

・オンライン

・電話

・ファックス

Q3.支払い方法にはなにがある?

口座振替かクレジットカード払いが選べます。

ANAマイルプランはクレジットカード払いのみの対応です。


契約手続きの流れ

1.申し込み

契約申し込みは、主にオンラインの専用フォームから行います。

フォームには、契約者の情報に加え供給地点特定番号やお客様番号などを入力するタイプか、検針票の写真を撮ってアップロードするタイプがあります。

お好みの方法をお選びください。

申し込み前には、お住まいの地域が対象エリア内やアンペア数が対応しているかなどをチェックしましょう。

2.確認の連絡

北海道電力から申し込み内容の確認連絡がきます。

3.クレジットカードの登録

申し込み時に入力したメールアドレスにクレジットカード登録フォームのURLが送られてくるので、サイトにアクセスしてカードを登録しましょう。

4.契約書類の送付

契約が完了したら、北海道電力から書類が送られて来るのでなくさないように保管してください。

北海道電力の会社情報

北海道電力の会社情報をご紹介します。

社名北海道電力株式会社
所在地〒060-8677 札幌市中央区大通東1丁目2番地
設立昭和26年5月1日
代表者取締役会長 真弓 明彦 取締役社長 藤井 裕
資本金114,291百万円
販売電力量計:23,701百万kWh

まとめ

今回は、北海道電力についてご紹介いたしました。

元々は大手電力会社として、北海道全域に電力供給を行っていましたが現在は首都圏からも契約できるようになり本文でもご紹介した料金プランが人気を集めています。

2020年からは、割引キャンペーンも開催されているので他社からお得に電力の乗り換えができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加