でんきの節約術

電気とガスをまとめると料金が変わる?電気とガスをまとめる場合について解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をご覧の皆さんの中には、電気代とガス代をまとめて支払うプランはどのようなものなのか知りたいと考えている人もいることでしょう。 このプランを活用すれば月々支払っている電気代やガス代などの料金の支払額を削減することができ、他に重要性が高い事項にその浮いた資金を配分することもでき自身のライフスタイルの質の向上に役立てることができるようになります。 そこで、今回の記事では、電気代とガス代をまとめて支払うプランはどのようなものであるかなどについて説明していきます。

①まとめて支払える電気とガスのセット料金プランとは?

電気とガスのセット料金プランとは、従来別々に支払っていた電気代とガス代をまとめて料金設定しているプランのことで、大手ガス会社や電気会社がサービスを作り提供しています。 例えば、関東エリアであれば東京ガスが提供しているセットプランのものであれば、東京ガスの都市ガスとセットで、電気料金が月額270円割引されるうえ、ずっとも電気のみの単体契約も可能となっています。 また、関西エリアで提供しているものであれば、関西電力の電気とガスそれぞれが関電・大阪ガスの通常プランよりも安くなる「なっトクパック」があります。 例えば、月々の電気代ガス代がそれぞれ、5,000円と4,600円での場合には、 年間約8,300円安くなるようです。 電気とガスのセット料金プランを利用すれば家族をお持ちの人から一人暮らしの人まで月々の電気代光熱費を削減することが可能になります。 上記で紹介した事業者の他にも電気とガスのセット料金プランを提供している事業者はあるので、興味のある人は一度確認してみると良いのではないでしょうか。

②その他の電気・ガスの節約アイディアについて

上記で説明した方法以外に電気、ガスの節約を実行できるアイディアにはどのようなものがあるのでしょうか、具体的な内容については以下において説明していきます。

①家電の買い替えを行う

電気、ガスの節約を実行できる【1つ目のアイディア】家電の買い替えを行うことが挙げられます。 長年利用した旧式の家電よりも最新家電のほう省エネの機能が優れているものが多く、例えば、照明器具をLED照明などに変えれば使用電力を減らすことによって電気代の節約を行うことができます。 省エネ家電は証明以外にも冷蔵庫やエアコンなどにもありますので、興味のある人は家電量販店などに足を運び確認してみてください。

②電気代やガス代の契約内容を変更する

電気、ガスの節約を実行できる【2つ目のアイディア】電気代やガス代の契約内容を変更することが挙げられます。 日々家であまり長時間いない人や料理などをしない人は今契約している電気・ガスの供給契約を見直すことによって、電気代やガス代の節約を行うことができます。 電気代やガス代の契約の変更を行う際には、契約している会社によって手続きや方法なども異なってくることからしっかりと事前にそれらの内容を確認してから行うことが重要になります。

③電気とガスのセット料金プランの申し込み手続きとは

まとめて支払いを行うための電気とガスのセット料金プランの申し込み手続きはどのように行えばいいのでしょうか、具体的な内容について以下において説明していきます。 関西地域にお住いの人が利用できる「大阪ガス」で電気とガスのセット料金プランの申し込み手続きはネット上で個人情報などを記載する入力フォームに必要事項を入力たうえで、申し込むだけで簡単に手続きを完了することができます。 また、関東地域にお住いの人が利用できる「東京電力」での電気とガスのセット料金プランの申し込み手続きも同じく郵便番号などの個人情報を入力フォームに入力した後、新しい料金プランの適用開始日をWebまたは契約内容通知書で受け取ることで完了します。 これらのように電気とガスのセット料金プランの申し込みは簡単に行うことができるので、家族持ちの人から一人暮らしの人まで電気代光熱費を削減して子供の教育費用や自己投資に使うなど有意義に浮いたコストを利用することができるようになります。 上記2つ以外のほとんどのサービス提供会社でも電気代とガス代をまとめて支払うことがプランの申し込み手続きは同じようなものになっていますので、上記で挙げたもの以外の会社のプランに興味のある人は一度確認してみると良いのではないでしょうか。

③まとめ

ここまで、電気代とガス代をまとめて支払うプランとはどのようなものであるかなどについて説明してきました。 電気代とガス代をまとめるデメリットについて特に挙げるのであれば変更手続き行うのが面倒であるぐらいですが、ウェブで簡単に行える場合が多いので、特にこの点についてのデメリットは問題にならず、享受できるメリットの方が大きいでしょう。 この記事をご覧の皆さんは、今回の記事で説明した内容を参考にして、電気代とガス代をまとめて支払うプランはどのようなものであるかなどについて、役立てて頂けると幸いです。